健常の子どもは、当たり前のように地域の小学校に入学しますが、障害のある子どもは、事前に「就学相談」というものを受けます。

でも、実はこれは義務ではないらしいです。
市報でも、「発達に不安があるお子さんは、就学相談を受けてください」ということが書いてありました。
なので、「発達に不安がない」場合は、受けなくてもいいのです。

うちと同じ、ダウン症の子どもを育てている先輩お母さんは、就学相談を受けず、いきなり秋の就学時健診を受けたらしいです。すごいな~

うちの場合、まず、5月にあった、「就学相談説明会」なるものに参加しました。
これは、娘の年から始まったものなのですが、「就学相談」を受けようかと思っている方のための説明会だそうです。
実際には、はっきりした障害を持っている子どもではなく、いわゆる「グレーゾーン」に該当する子どもを見つけるための説明会のようでした。

そして、7月中旬にいよいよ就学相談がありました。
この時は、教育委員会の人と、臨床心理士の先生がいて、子供は心理・発達検査(IQをチェックするもの)、親は教育委員会の人との話し合いをしました(具体的には、こちらの希望を伝える場です。うちの場合は、通常の幼稚園で健常児と一緒に育ってきたこと、健常児から学んできたことが多いこと、兄が行っている小学校に一緒に通いたいことなどを話しました)。

そして、8月下旬に就学相談2回目がありました。
この時は、子どもは障害児4~5人のグループの中で遊ばされ、観察されました。
親は、別室で待機です。時間は30分ほどでした。

そして、翌日、電話にて「特別支援学校」の判定が出ました。
そしてなぜか、判定理由は9月中旬まで教えてもらえませんでした。
うちはもちろん、進路を変えるつもりはありませんでしたから、普通小学校を希望し、再度、面談することになりました。

本当はこの後11月頃に話し合いを重ねるようなのですが、娘が「マイコプラズマ肺炎」で入院する事態になったため、この話し合いは延び延びになり、結局翌年の1月中旬に地域の小学校に出向き、校長先生や教育委員会の方々と話し合うことになりました。

そして、1週間後、また地域の小学校に入りたい旨を伝え、就学が決定しました。

これでもか!というぐらい面談→考える期間→希望を伝える→再面談ということを繰り返し、こちらが根負けするのを待っているかのようでした。

でも、今は親の希望が通ることになっていますから、もし、地域の小学校に入学させたい、と思っていたら、絶対あきらめない方がいいと思います。

それにしても、疲れました