早希は現在小学3年生。
近くの小学校の特別支援学級に通っています。
(小学6年生の兄も通っている小学校です)

これまで、本当に紆余曲折、試行錯誤しながらやってきました。

私たちが住んでいる市には、市が運営している障害児通園施設があります。
そこに入れるのは、2歳を過ぎてから。
早希は9月生まれなので、入園する時には2歳6か月ということになります。

生まれてから半年は、寒い時期だったということもあり、お散歩以外はあまり外に出ないで過ごしました。
(生まれた大学病院に定期的に通ったり、地域の療育園で診察してもらったりはしましたが)

半年たって、お兄ちゃんが幼稚園に入園しました。
昼間、少し時間ができたので、この間親の会のリトミックやベビーマッサージ、近くの市の親の会の催しなどに参加していました。
療育園でPT(理学療法)や摂食指導なども受けたり・・・

そうこうしているうちに、通園施設に入園し、週3日通うことになりました。
ちなみに、この施設はバス送迎です。

そのまま、小学校入学まで4年間在園することもできたのですが、通園施設での娘の様子を見て、通常の幼稚園に入れることを考え始めました。
通園施設では、手取り足取り先生が何でもやってくれます。
それに味をしめた(?)のか、娘はやってくれるのを待つようになってしまったのです。
自分からやろうとする態度が全然見られませんでした。

これは、健常児にもまれたほうが、強く、たくましく育つんじゃないか・・・

それで、お兄ちゃんが通っている幼稚園に相談すると、快くOKしてくれました。

それから、幼稚園に入る準備を進めていきました。

まず、健常児の中に入ってうまくやっていけるかを見るため、お兄ちゃんも通っていた児童館の幼児グループに週1回通い、市内の保育園にお願いし、週1回母子通園させてもらいました。
これを1年間続けた結果、健常児の中で十分やっていけると思い、幼稚園に入園することになったのです。

早希
幼稚園入園の頃の早希